ベトナムのホーチミンに滞在中のBobです。Twitterでも発信してるのでぜひフォローしてくださいね!Bobinglish

 

今回の記事は「日常英会話とは何かを考えてみた」と題してお届けします。

 

先日、こんなツイートをしました。

 

 

この何気ないツイートした後に、僕は色々と考えてみました。「日常英会話とは一体なんぞや」と。
 

よく、「日常英会話が出来るようになりたい」という話を聞いたり、リクエストされたりすることがあります。皆さんも「まずは日常英会話から出来るようになりたい」と思ったことがあるでしょう。

 

「日常英会話」という言葉を聞いた時に頭の中に描けるなんとなくのイメージはあります。ですが、残念ながら僕の中で日常英会話をうまく定義化することが出来ません。

 

僕が思う日常英会話の正体というのは、「ありとあらゆる日常的に話される無数にあるトピックの集合体」です。そう、あまりにも範囲が広すぎるのです。

 

そして、これにはもう一つ厄介なことがあります。それは、「人によって、または話し相手によって話すトピックの傾向や話し方が変わる」ということです。

 

以上を踏まえた上で「日常英会話の定義化は不可能」だと僕は思っています。ビジネスで使う英会話以外、日常英会話なんじゃないでしょうか。

 

もし日常英会話が出来るようになりたい、と思っているのであれば、

 

・普段どんな話をしているか

・どんな話を特に出来るようになりたいか

 

を一度考えてみると良いでしょう。それを英語で話せるようになることが「日常英会話が出来るようになること」です。

 

この記事が今一度、日常英会話とは何かを考えるキッカケになってくれれば嬉しいです。