WalkとWorkの発音をするコツは意外に簡単!?

 

日本人の多くの英語学習者がつまずく、WalkとWorkの発音違い。あなたはそれぞれ発音できたり聞き取れますか?もし現時点でよくわからない、という方でも今回の記事を読めば一発でコツが掴めちゃいますよ!

では早速見ていきましょう。

 

walkのAとworkのOの違い

walkとworkの音の違いはLとRだけではなく、実は出だしのAとOの音で違いがあるんです。この出だしの音の違いを認識しておくのが第一のポイントです。それぞれの違いを説明していきます。

WalkのA

WalkのAの音は発音記号で表すと[ɔ:]なのですが、ナンジャコリャ?と思う人もたくさんいるかもしれません。この音を出すにはまず口を縦に開ける必要があります。そして口を縦に開けたまま喉の奥から「オァ」という音を出します。ポイントは縦に開けた口の形を変えずに音を出す、というところです。口の形を保ったまま音を出すには、喉の奥から声を出すことを意識するのが大事です。

人によっては、「あ」の口の形で「お」の音を出してください、と言ったり、逆に「お」の口の形で「あ」の音を出してください、という教え方をするようです。僕が自分でやってみたところ、どちらも確かに日本人にはわかりやすい説明で、walkのAの音が出せました。ぜひ試してみてください。

WorkのO

WorkのOの音は発音記号で表すと[ɚː]なのですが、この音はあまり口を開けません。口を閉じた状態からほんの少し口を開けて「ウォ」という音を出します。日本では「タウンワーク」や「ワークライフバランス」という言葉からwork=「ワーク」だと思ってしまうのですが、どっちかといえばwalkが「ワ」寄りで、workが「オ」寄りです。ここをしっかり意識しておけばそれぞれ違う音だということを認識できますよね。

 

LとRの違い

AとOの音の違いがわかったら、あとはLとRの音の違いを認識すればWalkとWorkの違いがさらにはっきりすると思います。では早速違いを見ていきましょう。

 

Lの音

まずLの音ですが、日本語でいうと「ル」という音です。舌で先端を上の前歯の裏あたりを撫でながら「ル」という音を出してみてください。この音がLの音です。これはそこまで難しくないと思います。日本語で「ル」の音を出す時に舌は上にきますよね。なので日本人にとっては「L」の音を出す時の口の感覚にさほど違和感を覚えないからです。

Rの音

続いてはRの音ですが、これも日本語でいうと「ル」の音です。日本語で「ル」という時、舌は上顎に付きますが、この舌がどこにも付かないようにするのがRの音を出す前提です。では舌をどこにも付かないようにすればどうすればいいか。「ル」という音を出す時に舌をそのまま下に下げながら奥に引きます。この時、舌は少し丸まった状態を保ちます。「ルー」と言いながら舌を下に下げて奥に引いていくと音が変わっていくのがわかると思います。この音が「R」の音です。

 

まとめ

AとO、LとRの音の違いはわかりましたか?僕はこの2つの単語を発音記号を知らない日本人に伝える時に以下のように伝えます。

 

WalkとWorkの発音
・Walk ウォアルク
・Work ウォルク

 

いかがでしたでしょうか?以下の動画でネイティブスピーカーがWalkとWorkの発音の違いを教えているのですが、ここで口の開け方の違いを確認してみてください。そして一緒に声に出して練習してみてください。自分で発音できるようになれば必ず聞き取れるようになりますよ!

 

 

2か月前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。