TOEICが時間内に終わらないあなたが必要なもの

 

英語を学習している方なら1度は受けたことがある、もしくは受けることを考えたことがあるTOEIC。多くの企業が採用基準や昇進基準にTOEICのスコアを重視している昨今、TOEICの勉強をする人がものすごく増え、本屋に行けばズラーっとTOEIC対策用の本が並んでいます。

 

TOEIC受験者が口を揃えて言うのが、「時間が足りなくて最後まで問題を解けなかった」です。確かにTOEICは時間との戦いです。どんどん解いていかないと時間は足りません。時間が足りなくて解けず、やみくもにマークしても正解できる確率は極めて低いでしょう。

 

ではTOEICを時間内に終えるためには何が必要なのでしょうか?

 

前提としてしっかりとした文法力が必要

 

よくTOEICはテクニックさえあれば点数が取れるということを言う人がいますが、テクニックを磨くだけでは限界があります。英語のテストなので英語力がないと良い点数は取れません。英語力がしっかりと付いた上での、問題の解き方のテクニックが生きるのです。

 

基本的な英文法の知識は必須

まず前提として、基本的な文法知識が必要です。「英会話のために英語の文法を学習すべきなのか悩んでいる英語学習者へ(リンク)」でもお伝えしましたが、中学校で習うくらいの文法知識がない=基本ができないままTOEICで良い点数を取ろうと思うのは、泳ぎ方を知らないのに海に飛び込むようなものです。基本文法を知っていることが前提です。

 

逆に、基本的な文法知識だけで解けてしまう問題がいくつも出題されます。文章の内容を把握しなくても、「文法的にこれしかありえない」という選択肢がある問題が多々あるのです。これが、文章の意味が取れたのにも関わらず文法がわからなくて間違った解答をしてしまっては良い点数からどんどん遠ざかってしまいます。

 

TOEICでは文法知識を問われる問題が多数出題されます。文法知識がしっかりあって迷わず正解を導ければ、大幅な時間短縮になります。どれが正解か迷ってしまって時間を食ってしまう、これが時間が足りなくなる原因の1つだからです。

 

何をするにも土台は必要ということです。

 

TOEICには中学校で習う以上の文法知識もある程度必要

TOEIC用の練習問題を解くとわかると思いますが、中学校では習わない文法問題も出題されます。しかし、文法知識が足りないから文法を先に極めよう、という考えで高校生が使うような文法書を片っ端からやるのはおすすめできません。高校生が大学受験に使うような文法書には確かにぎっしりと細かい文法ルールが載っているのですが、あまりにも量が多すぎるのと、説明が難解でとても時間がかかってしまいます。それにTOEICで良い点数を取るためであれば、どんどんTOEICの練習問題を解きながら知らなかったものを学んでいくスタイルのほうがずっと効率が良いです。

 

練習問題を解いていくと、TOEICではどういう文法問題が出題されるのか、傾向が掴めてくるはずです。どの練習問題を解いても文法的な問題はどれも同じような内容です。練習問題で間違えながら覚えていけば着実に正解できる文法問題は増えていくでしょう。

 

文法力がないとTOEICの文章を正確に読解できない

TOEICでは読まなければならない英文の量がとても膨大です。この膨大な量の英文をしっかり読解できるかできないかが正答率に影響してきます。英文を理解するためにはもちろんボキャブラリーも必要なのですが、きちんと文章の構造を把握して読解できないと違う意味の取り方をしてしまう可能性もあります。

 

英語では前置詞1つでガラッと意味が変わってしまう可能性もあるし、修飾しているパートを間違って捉えてしまえば途端に混乱の元になり、大幅な時間ロスに繋がる可能性があります。こういう事態はテストでは命取りです。

 

そういう意味でもしっかりとした文法力を付けておくことでスピーディーに問題を解いていくことが可能になるのです。

 

 

 

前提としてしっかりとした文法力が必要

前にも述べましたが、TOEICは常に時間との戦いです。とにかくスピードを出して可能な限り速く正答を見つけなければなりません。そのためにはとても速いスピードで英文を読み、内容を解釈しなければなりません。ではどうやったら速く英文を読めるようになるのでしょうか?

 

英文は語順通りに読んで意味を英語のまま取れるようにする

英文を読むときに日本人の方がやりがちなのが、まず主語を見つけ、あとは文章の後ろから前に戻りながら読んで意味を取っていくという方法です。確かに日本語に訳す時はこの方法で読めばやりすいでしょう。

 

しかし、文章は語順通りに左から右に読んでいったほうが、そのまま次の文章に進めるので速く読めます。英語の語順のまま読んだほうがスムーズに読めるのです。主語を見つけてから後ろから前に戻るやり方で読んでいくと、次の文章に移る時に、次の文章の始まりの部分を目を動かして探さなければなりません。

 

また、読んでいる英文をいちいち頭の中で日本語に訳していたらそれこそ時間がかかってしまいます。限られた時間の中でたくさんの文章を頭の中で処理しなければならないのがTOEICです。英文を左から右に読みながら、そのまま英語で意味を取っていく能力が必要になります。

 

英文を読むときは内容をイメージする

英文を英語のまま意味を取れるようになるには、読んでいる文章の光景をイメージすることです。頭の中で日本語に訳す代わりに光景をイメージして、読んでいる内容をそのイメージの中に次々と詰め込んでいくのです。

例えば、

She is running now.

という文章があるとします。これを、頭の中で日本語に訳してしまうAさん、頭の中でイメージできるBさんがそれぞれこの文章を見たときに、頭の中がどのようになっているかを比較してみます。

 

Aさんの頭の中

主語は彼女。be動詞+〜ingだから現在進行形で走っている。

 

Bさんの頭の中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか。英文を読んだときに、日本語に訳さなくてもパッと写真のようにイメージできれば英文を読んでいくスピードは格段に速くなっていくはずです。さらに、イメージすることによって読んでいる英文の内容が頭の中でクリアに整理できるメリットもあります。

 

この能力は、日頃から英文を読むときに内容をイメージするクセを付けておくことで身につくのです。

 

まとめ

では今回の記事のまとめです。

 

TOEICが時間内に終わらないあなたがすべきこと
・基礎文法を身につける
・たくさん練習問題で間違えながらさらに文法知識をつける
・英文を英語の語順通りに読めるようにする
・英文を読む時は日本語に訳さず、内容をイメージする

 

基礎文法以外は、本記事の内容を踏まえてTOEIC用の練習問題の中に出てくる文章をたくさん、何度も読むことを日々続けていれば絶対に時間内にTOEICが終わらないという事態にはならないでしょう。地道ですが、とにかくたくさん読んでください。

 

これを読んだあなたがいつか、TOEICで見直しまでする時間が取れるようになることを期待していますよ!

 

4か月前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。