チェンマイでノマドフリーランス中のBobです。Twitterでも発信してるのでぜひフォローお願いします。@Bobinglish

 

今回は「有名人のビジネス・啓発本を読む必要はない理由」というタイトルで言いたいことがあります。

 

近頃は有名人のビジネス書や啓発本がどんどん読みやすくなっていて、読書が得意ではない僕でも1日で読めてしまうような本がたくさん出ています。

 

かつて僕はそういう類の本を片っ端から読んでました。読んでると確かに勉強になるし、時代の流れが掴める時もあります。

 

しかしある時、「あれ、もうこの類の本を読む必要がないな」と思いました。その理由を書いていきたいと思います。

 

 

どの本でも似たような事を言ってる

同じ著者が何冊か本を出してる場合、どれも大体本の中で言っていることは同じであり、ちょっとしたアップデートがあるくらいです。

 

基本的に言っていることは変わらないなので、「またこの話かよ」って思うし、もう話の展開が何となく読めてしまいます。

 

そのため、その人の考えを知りたかったら、その人の一番売れてる、もしくは一番話題になった本だけ読めばいいと思います。

 

著者が色々な所で本の内容を話してる

本を出してるようなビジネス系有名人の方々は、自身で書いた本の内容を色々な所で話してます。

 

テレビ、YoutubeTwitter、ブログなど、彼らを追いかけていればわかりますが、彼らが普段言ってるようなことが本になっています。

 

彼らを普段からチェックしていれば入ってくる情報なので、それをわざわざ本で読まなくてもいいというのが僕の思うところです。

 

彼らのことがよっぽど好きで、本を買う事で彼らを応援したいという気持ちがあるなら別ですが、少なくとも僕は買わなくても手に入る情報は買いません。

 

 

信者が拡散機になっている

TwitterYoutubeには有名ビジネスマン達に影響を受けたであろう人達がたくさんいます。

 

彼らはそういうプラットフォームで有名ビジネスマン達が書いた、もしくは普段から言ってるような内容と同じようなことを拡散機として発信しています。

 

つまりそのような類の本の内容は、あらゆるところで僕たちが普段目にしたり耳にしてる情報と大差無いのです。

 

どこからも入ってくる情報に普段から触れておけば、わざわざ本を買って時間を取って読まなくも良いし、時間の節約にもなると思います。

 

 

最後に

このような事は言いつつ、僕も本屋に行っては「これは今までに触れた事無い情報だな」と思ったら読みます。ただ、有名人だからと言って盲目的に彼らの本を読んでまた同じような内容だった、という事はなくなりました。

 

日本に戻ったらまた本屋で色々見てみたいです。