チェンマイ滞在中、2019年はノマドライフのBobです。

 

今回は「社畜とか脱社畜とか」というタイトルで言いたいことがあります。

 

まず、僕は基本的に「社畜」とサラリーマンを揶揄したり、サラリーマンが自らを「社畜」と呼ぶのが好きではありません。

 

そもそも、職業にグレードを付ける意味がわかりません。何を偉そうに非サラリーマンがサラリーマンを「社畜」呼ばわりしてるんでしょうか。

 

また、なぜ自らを社畜と呼び、わざわざ地位を下げるようなことをするのかも理解出来ません。

 

「雇われてない=優れている」または「雇われてる=社畜」みたいな変な図式でも脳内や一般的に出来上がっちゃってるんでしょうか?

 

そんな中で「脱社畜しないとやばいよ」なんて煽るビジネスもあるわけです。そういうビジネス自体に文句はありませんが、あたかもサラリーマン全員やばいみたいな言い方がどうも腑に落ちないのです。

 

それに、自分の事を社畜って呼び続けたら、それはただ単に暗示です。そしてそれこそ脱社畜ビジネスの社畜になってしまうでしょう。

 

はたから見てると、なんだか気持ち悪い世界だなぁって思ってしまいます。人ってそういう目で他人と比べたりしてるんだなぁって。

 

僕は職業で人を判断したりするような人間にはなりたくないなぁと思う今日この頃です。