東南アジアを放浪中のBobです。Twitterで英会話関連の発信もしてますのでぜひフォローしてください。→@Bobinglish

 

本日のお困りQ&Aは「英会話は 日本人講師 or ネイティブ講師 のどちらから学ぶべき?」です。

 

現在の英語レベルによる

今現在、あなたの英語レベルは、英語についてわからないことをネイティブ英語で説明されて「なるほど!」と理解できるくらいのレベルかどうかをまず考えて欲しいです。

 

もう一つ考えて欲しいのが、「週に何回、どれくらいの時間ネイティブ講師から学ぶのか」という頻度です。おそらくほとんどの方が「週に1回・1時間」だと思います。

 

もし現時点でネイティブとの会話がほぼ成り立たなさそうであり、頻度が週に1回・1時間なのであれば、ネイティブ講師から教わることを僕はおすすめはしていません。日本人の英語が出来る人にある程度は日本語で説明してもらえたり質問出来たりする環境のほうが効率は良いでしょう。

 

ちなみに、もしネイティブ講師に英語を教わるのであれば、All in Englishでやる覚悟で取り組んだほうが実りになります。よく、講師が日本語が少しわかると判断すると、すぐに日本語で質問してしまう人がいますが、それが悪いクセになってしまいますし、講師に失礼です。

 

ちなみに、日本人バイリンガルやフィリピン人などと英語でコミュニケーションを現時点で取れる人は、ネイティブ講師から学ぶ、もしくはネイティブと話せる環境にどんどん飛び込んで経験値を積んだり友達を作ることをおすすめします。

 

僕は色々なバックグラウンドをもつ日本人バイリンガルを今まで見てきましたが、ネイティブと同等の語彙力がありそうな人は一人しか見たことがありません。(ここで言うネイティブとは、講師が出来るくらい教養がある人のことを指します。)

 

それからネイティブ特有の(人それぞれ違う)アクセントに慣れることも大事です。非ネイティブには無いものをネイティブはたくさん持っています。そこを頭に入れておきましょう。

 

日本人から英語を学ぶメリット

僕は英語が初級レベル(中学校で習う文法が抜け落ちてる / 言葉が口からほとんど出てこない)の人は、ある程度、日本人講師から学んだほうが効率的だと思います。日本語で説明してもらえたり質問できる環境だからです。

 

また、もし講師が苦労してバイリンガルになったタイプであれば、生徒が何を苦手にしているのか、何をどうすれば改善するのかが余計にわかります。それと、日本人としての感覚があるので、生徒にとっては痒いところに手が届くところがメリットです。

 

さらに、日本人のバイリンガル英会話講師の方々は、

 

・レベルに合わせて話すスピードを調節出来る

・レベルに合わせて使う語彙を調節出来る

・生徒に英語を話させる練習が出来る

・生徒に疑問文の練習をさせることが出来る

 

といったスキルが高い傾向にあります。ネイティブ講師が苦手とする部分です。もちろん優秀なネイティブ講師もたくさんいますが、常にナチュラルスピードで自分ばかり話している講師は多いです。(週に1回・1時間と考えた時に、やはり初級者には辛いものがあるでしょう。)

 

日本人から英語を学ぶデメリット

人次第ですが、英語で理解出来てて、ある程度英語でも言えるはずなのに挑戦しようとせずにひたすら日本語でレスポンスし続ける生徒がいます。全く意味が無いとは言いません。本人がそれで良ければいいです。

 

これは講師は完全に見た目が日本人で、日本語は当たり前に話せるということが裏目に出るパターンです。もしこんな状態になってしまっているのであれば日本語がわからないネイティブ講師から学んだほうが良いと思います。

 

もし講師がそこの部分も何とかしてくれると思っているのであれば、それは勘違いです。そこは自分で何とかしてもらわないとこちらは何も出来ません。

 

まとめ

初級→日本人バイリンガル講師から習う

中上級→ネイティブ講師から習う

 

がいいんじゃないかと思います。ただ、最終的には誰に習おうと自分次第です。誰に習ったって自分でプラスα、アドバイスされたことを実践できる人、続けられる人はめっちゃ伸びます!

 

それと、なかなかいないのですが、最強なのは「英語も日本語もネイティブのバイリンガル」です!

 

以上。