英会話関連情報を発信中!!Bobです。Twitterもぜひフォローしてください。→@Bobinglish

 

本日のお困りQ&Aは「英語学習へのモチベーションを上げるコツは何ですか?」です。

 

モチベーションはどうしても上がったり下がったりしますし、人によって保ち方は違うので何とも言えないのですが、自分流のモチベーションの保ち方をご紹介いたします。

 

気合いを入れない

 

僕はあまり物事に臨むにあたって、あまり気合いを入れないようにしてます。かなり気楽に構えるように心がけてます。

 

今までの経験上、気合を入れて取り組んで良い結果が出た試しがありませんし、続けられた試しがありません。

 

気合いを入れて取り組んだ浪人生活も虚しく大学受験に失敗し、有名になるんだと気合いを入れて組んだバンド活動も、結果的に大事なものをたくさん失うという結果となってしまいました。

 

それに引き替え、英語に関していうと、確かに頑張ったかもしれないんですが、そんなにシリアスに構えてやったわけではありません。「絶対にバイリンガルになるんだ」という気持ちこそあったものの、気合いとは違います。ノルマを決めて取り組むということもあまりしませんでした。

 

結果論ですが、英語をやり出して今年で10年目です。僕にしてはかなり続いているほうです。

 

人間、ずっと走り続けられる人なんてのは一握りです。走り続けるということはそれだけエネルギーの消費も速いです。ガス欠して動けなくなってしまうよりは、ゆっくり止まらずに進んでくほうが気が楽ですよね。

 

ゆるい目標を立てる

 

それから、何でもいいので達成可能な目標を立てることです。気合いを入れて取り組まないと達成出来ないようなことは目標には設定しません。

 

目標というと大きなものを掲げたくなりますが、僕には大きな目標に向かって頑張れるほどのメンタリティはありません。

 

それより、小さな達成を積み重ねて少しずつ自信に変えていくほうが僕にはよっぽど向いてるんです。小さなゴールでも達成できたときはやっぱり嬉しいし、次なるゴールへのモチベーションも湧いてきます。

 

それと、「自分より少しだけ優れてる人を見つけて、その人を目指す」というのもモチベーションを保つ1つとしてやってます。その人を目標とするのです。

 

あまりにも優れすぎてる人と自分を比べると、かけ離れた現実に打ちひしがれてしまうので、なるべく手の届きそうなレベルの人を勝手にライバルにしてます。

 

もちろん、下を見て「自分は優れている」なんてのは論外ですね。とは言いつつ、昔の僕はそんな感じでした。反省してます。

 

繰り返しですが、モチベーションの保ち方は人それぞれです。自分なりの方法を模索して、どうか長続きさせてください。

 

以上!