英会話×海外生活×ノマドのBobです。Twitterでも毎日発信してるのでぜひフォローしてください。@Bobinglish

 

今回は「英語リスニングを上達させる方法」をシェアしたいと思います。この記事を読んでいただければ最終的に「リスニング力を上げるのに何をすべきなのか」がわかるでしょう。

 

ちなみに、今回の記事は「簡単な単語や表現でゆっくり話してもらえればほぼ理解出来る」レベルの方向けに書いていますのでご了承ください。

 

 

ボキャブラリーを増やす

例えば、日本人同士の会話の中であなたが「あの人は普段から諧謔を多用するよね」なんて文章を耳にしたとします。もしあなたが「諧謔(かいぎゃく)」という言葉を聞き取れたにも関わらずこの文章が何を言っているのかわからない、ということであれば、それはあなたが「諧謔」という言葉の意味を知らないからです。

 

単語をきちんと聞き取れても、意味を知らない単語を聞き取れたところで理解出来ません。よく「文脈から判断すればいい」とか、「単語が聞き取れればその時の状況でなんとなく意味がわかってくる」いう人がいますが、そういう人はそもそも上級者でボキャブラリーが多いか、海外在住か、相当英語のセンスがある人です。

 

日本に住みながら、日常生活の中で常に英語を使える環境にない人のほうが多いでしょう。その中でいかに効率的に英語リスニングを上達させるかが鍵となってきます。そのうちの一つがボキャブラリーを増やすことだと僕は思っています。

 

ちなみに、かつて僕は単語帳を使っての暗記にはあまり賛成していませんでしたが、今は大賛成です。僕が過去に発信していた内容には「日本に住みながら日常的に英語を使う機会がない人にとって」という視点が欠けていました、反省しています。

 

日本に住みながらどうやってボキャブラリーを増やすか考えた時に、単語帳は機械的に暗記が出来るのでとても効率が良いなと今になって思います。

 

 

発音の改善

英単語ボキャブラリーを増やしつつ出来ることの一つが「発音の改善」です。やはり自分で発音の仕方がわからない音を聞き取るのは難しいと考えています。(もちろん慣れ親しんだ単語の音は聞き取れるでしょう。)

 

「ボキャブラリーを増やす」の章で書いたこととは逆で、「その単語自体も知ってるし、単語の意味を知っているのに、聞いた時にその単語だと認識出来ない」ということが多々起きてる人は特に発音の改善をお勧めします。

 

ネイティブ発音が出来るまで発音を極める必要はないですが、特にカタカナ英語と本当の発音の乖離が大きいので、カタカナ発音から脱却できるだけでリスニング力は上がると思います。また、リエゾン(音と音の繋がり)でも知っている音とはかなり違って聞こえるので、リエゾンの練習もするとなお良いです。

 

せっかくボキャブラリーを増やしているので、その単語が聞き取れないというのは非常にもったいないことだと思います。Youtubeで検索すれば発音上達方法を教えてくれる動画がたくさんあるのでぜひ練習してみてください。

 

 

集中して英語を聞く練習

英語リスニング中に相手が何を言っているのかわからなくなってしまう原因でありがちなのが、「頭の中で日本語で別のことを考え始めてしまう」ということです。

 

頭の中で日本語に引っ張られている状態です。これでは英語を聞き流ししているのと同じ状態です。日本語でも誰かが話してるのに、聞いてるふりをして頭の中で違うことを考えている時はほとんど相手の話の内容が頭に入っていないと思われます。これが英語ならなおさらです。

 

英語を聞いている時に頭の中で日本語に引っ張られないようにする練習が必要なのです。PodcastでもYoutubeでもなんでもいいのですが、ご自身が理解できるくらいのレベルのものを「なるべく長い時間英語だけで集中して聞く」練習をしてみてください。

 

やってみればわかると思いますが、慣れてない人は5分続けるだけでも難しいと思います。だんだん頭の中で日本語が浮かんできてしまったりするでしょう。そこを我慢して英語の音声のみに集中する練習を続けているうちにだんだん長い時間英語を聞くことが出来るようになってきます。

 

 

最後に

もちろん、今回ここで紹介したものがリスニングを上達させる全ての方法ではありません。シャドーイングやディクテーションなどもあるでしょう。

 

ただし、それらの練習はかなりハイレベルであり、いきなりやると挫折する可能性があります。挫折しないように工夫しながらやってくださいね!