英語の発音を良くしたいあなたがまず意識すること

 

英語の発音を良くすることはリスニング力の向上に直結するという話はご存知ですか?これは事実です。発音できる=音を知っている=聞き取れるのでリスニング力は上がります。

 

もちろん、「かっこよく英語を発音できるようになりたい!」というモチベーションも大事ですよね。僕はとにかくかっこいい発音がしたくて英語を始めたようなものです。おかげさまで、完璧ではないにしてもかなり発音は色々な方々から褒めていただいています。

 

英語発音の改善方法は色々とあるのですが、今回は基本中の基本として、「英語の発音を良くするためにまず意識すること」を説明していきますね。
 

英語と日本語の発音の大きな違い

まず発音を改善する前に、英語と日本語の大きな違いについて知っておきましょう。この違いを知っておけば、なぜ今まで通りの発音ではきちんとした英語の発音にならないかが納得できるでしょう。

 

英語と日本語の発音の一番大きな違いは「母音」と「子音」です。日本語ではほとんど意識しない「子音」に注目することから発音改善の旅は始まります。まず、以下の例文を見てください。

 

(例文)

私の名前はBobです。

Wa Ta Shi No Na Ma E Wa Bob De Su

 

この文章を日本語発音のまま話すと、「わ た し の な ま え は ぼ ぶ で す」になりますね。それぞれの母音は「あ あ い お あ あ え あ お う え う」になります。ここにほんの少しの子音をつけることで日本語の発音ができます。

 

しかし、英語はもともと日本語に比べて子音をかなり強く発音します。あなたが想像する典型的なアメリカ人の日本語発音はこんな感じでしょう。

 

「うわぁ とぅあ しぃ んのぉ ぬぁ むぁ うぇ うわぁ ….(以下略)」

 

それぞれの一番最初の音が子音です。英語はもともと子音が強いので、英語を話している人が日本語を話そうとすると子音が強くなってしまう、これがあのような発音になる原因なんです。一度、アメリカ人になったつもりで日本語を話してみてください。これで子音の感覚が何となく掴めるはずです。

 

これが英語と日本語の発音の一番大きな違いです。ではこの違いを知ったところで、英語の発音改善への鍵、練習方法を説明していきます!

発音改善の鍵は出だしの子音

かなり多くの英単語が子音から始まります。つまり、出だしの子音をバシッと決めることができるだけでかなり発音を改善することができ、心地よい英語の音になるのです。そのためには、まず子音がそれぞれどんな音になるのか、日本人の目線から見てわかりやすいように説明します。

 

なお、今回は一切発音記号は使わないのでご了承、またはご安心ください。あくまでも日本人の目線から見てわかりやすい説明をさせていただきます。今回の記事では「M、N、W」の子音に限定します。

 

「M」

この音は日本語で言う「む」です。唇を閉じて「んー」と音を出しながら唇を開けるときに「む」という音が出るはずです。この音が「M」です。

 

「N」

この音は日本語で言う「ぬ」です。唇を少し開け、舌が上顎に付いている状態で「んー」と音を出しながら、舌を上顎から話すと「ぬ」という音が出るはずです。この音が「N」です。

 

「W」

この音は日本語で言う「う」です。唇をかなりすぼめた状態で、唇が少し開けたまま「うぅ」と音を出してください。これが「W」の音です。

 

いかがですか?この子音を出だしではっきり発音できるだけでものすごく音が変わってかっこいい英語の発音ができるようになります。しかし、音を知っただけだとまだ少し感覚が掴めないかもしれません。なので、この子音の音を意識しつつ発音の練習ができる方法を紹介しますね!

 

 

出だしの子音の練習方法

では早速出だしの子音の練習をしていきましょう。先ほど音の説明をした子音で始まる単語を使って練習方法を説明します。

 

出だしの子音を伸ばしてから発音する練習

「M」で始まる単語「Make」の場合

唇を閉じて「んー」と音を出しながら唇を開けるときに「む」という音が出る音が「M」だと説明しましたが、この最初の「んー」の部分をかなり伸ばしてから発音します。

 

「んーーーーーーむぇいく」

「んーーーーーーむぇいく」

「んーーーーーーむぇいく」

 

3回ほど繰り返したらだんだん子音を強く発音する感覚がわかってくると思います。次は、最初に伸ばしていた「んーーーーー」部分を段々短くして自然な長さにしていきます。

 

「んーーーーむぇいく」

「んーーむぇいく」

「んーむぇいく」

 

いかがでしょうか。これが子音を発音するということです。「N」と「W」も同じ要領で練習できます。

 

「N」で始まる単語「Not」の場合

 

「んーーーーーーーぬぁと」

「んーーーーーーーぬぁと」

「んーーーーーーーぬぁと」

「んーーーーぬぁと」

「んーーぬぁと」

「んーぬぁと」

 

「W」で始まる単語「What」の場合

 

「うぅーーーーーーわぁと」

「うぅーーーーーーわぁと」

「うぅーーーーーーわぁと」

「うぅーーーーわぁと」

「うぅーーわぁと」

「うぅーわぁと」

いかがですか?今まで意識してなかった出だしの音をしっかりと出す感覚が少しずつ掴めてきたと思います。これは他の子音でも同じことです。これからは出だしの子音を意識して発音するクセをつけてみてくださいね!

 

Bobオススメの発音練習本

僕が今回説明した内容は、実はこの「オドロキモモノキ 英語発音」にさらに詳しく書かれています。

 

この本では発音記号が一切使われておらず、日本人の視点から日本人のために英語発音をわかりやすく解説し、練習できる内容になっています。

 

僕は色々な発音の本を読みましたが、間違いなくこの本が発音に関しては1番良かったです。もちろんこの一冊だけではカバーできないところもありますが、日本人が苦手な「R」と「L」の練習も簡単にできるようになっているので本当にオススメです。気になる人はぜひお試しあれ!

 

まとめ

では今回の記事のまとめです!

 

発音を改善にするのに意識すること
・子音の存在を意識する
・それぞれの子音がどういう音かを学ぶ
・出だしの子音をしっかり強く発音する

 

繰り返しになりますが、出だしの子音だけであなたの発音が相当改善されるはずです。今回紹介した「M」「N」「W」以外の子音もしっかり学んで強く発音できれば、あなたも憧れの発音にもう一歩近づきますよ!今回も読んでいただきありがとうございました。

 

2か月前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。