フリーの英会話講師になりたいあなたが心に留めておくべきこと

 

あなたがもし英会話が人よりも出来るのであれば、一度は「フリーの英会話講師になってみたいなぁ」なんて思ったことはあるでしょう。

英語をある程度きちんと話せる人であれば、誰でも簡単に英会話講師になることはできます。しかし、簡単になれるが故に、心に留めておくべきことがあります。

 

生徒はあなたの英会話力や文法単語力自慢を見たいわけではない

レッスン中になぜかほとんど自分中心に英語を話してしまう人がいるようです。生徒さんはただ聞いているだけ。話す練習ができません。

 

誰もあなたがペラペラ話せる姿が見たくてあなたのレッスンを受けてるわけではありません。このタイプの人はそもそも「教える」とか、「コミュニケーションをとる」いうことにフォーカスをしていません。

 

それから生徒がわからない文法や単語があったときに、生徒のレベルには合わないような、日常会話ではまずこんな文法や単語使わないよ!!みたいな単語を教えちゃう人もいます。あなたが知ってる文法や単語を知りたいんじゃなくて、使われてるものを知りたいんです。

 

生徒のレベルに合わせて、例えば初級レベルだったら、なるべく簡単に、でも伝わるような言い方を教えてあげるべきです。生徒の目線から見れず、主観的にレッスンをしては、生徒さんに有益なレッスンにはなりません。

 

 

生徒の趣味嗜好に合ったレッスン内容にする

言語を学ぶというのは物凄く体力のいることです。学ぶ側は50分英会話レッスンをしただけで、最初は慣れずに疲れてしまうと思います。

 

言語学習は続けてなんぼです。続けるには「英語って楽しい」って思って、好きになってもらうことが一番なんです。だから常に生徒の趣味嗜好に合わせたレッスン内容を事前に用意したり、生徒が好きなものを覚えといてネットで調べたりなどしておく必要があります。

 

また、いつも同じ話ばかり振っていては相手も飽きてしまいます。またかよ!!って思ってしまうでしょう。ですが、何回も同じことを言うのは練習になるのも間違いないです。ですから、違う言い回しで相手に同じ内容の質問をしていくことも必要でしょう。

 

常に自分の英語力を磨くことを怠らない

英語を人に教えるのであれば、常にあなたの英語力は生徒の遥か上をいっていることに越したことはありません。

 

聞かれたことをについて知らないときは答えられないで仕方ないです。正直にわからないと言ったほうがいいでしょう。でもなるべくなら、そんな場面は無いほうがもちろん良いです。

 

教える立場だからといって慢心せず、常日頃から自分の英語力を上げるための努力をしてれば、自ずと生徒もあなたへの尊敬の念を抱くようになり、さらに教えやすくなるはずです。

 

夢を叶える手助けをしたいという気持ち

生徒は基本的に、英語を話せるようになりたい、という夢があってレッスンを受けています。その夢を叶えることを講師に手助けしてほしいのです。

 

生徒さんがどんなレベルであれ、何度同じ間違いをせよ、「この人の夢を叶えるんだ」という気持ちがないと、英会話講師の仕事は務まらないでしょう。

 

考えてみてください。自分が教えてる生徒が別の言語でコミュニケーションをとるという夢を叶えることができるんです。素晴らしいことです。

 

これを諦め半分で惰性でレッスンをしてしまう人は講師としての仕事は長続きしないでしょう。個人的には絶対にやってはいけないことだと思います。

 

どんな英語力であれ、常に励ましながら二人三脚で歩んで夢を叶える、それが英会話講師に課されたミッションです。英語が話せるからという軽い気持ちで英会話講師を目指そうとされてる方がもしいるならば、この点をぜひ心に留めておいてください。

 

 

まとめ

では今回のまとめを見ていきましょう!

 

英会話で言葉が出てくるようにするためには
・生徒中心のレッスン、生徒のレベルに合ったレッスンを心がける
・常に自分の英語力を伸ばす努力を怠らない
・夢を叶える手助けをしたいという気持ちを常に持ってレッスンを提供する

 

僕もこれを書いたからには、常に進化し続ける英会話講師でありたいと思います。読んでいただいてありがとうございました!
1か月前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。