バイリンガルの頭の中ってどうなってるの?

 

バイリンガルの人を目の前にした時、「英語と日本語をどうやって使い分けてるの?頭の中はどうなってるの?」と昔よく思ったことがありました。その時の僕には頭の中に日本語を使う脳しか存在していなかったからです。どうして日本語と英語をどちらも一瞬で切り替えて操れるのか、不思議で仕方がありませんでした。

 

いざ自分がバイリンガルになってみると、周りの人から「頭の中はどうなってるの?」とよく聞かれるようになりました。しかし、そういうことを聞かれるたびに上手に答えられない自分がいました。なぜならきちんと意識したことがなく、自然と英語になったり日本語になったりするからです。

 

そこで、今回は僕の頭がどうなっているかを冷静に、客観的に見つめてみて、それをそのままご紹介します。これを知ったからといって何か特になるかどうかは不明ですが、こういう質問をしてくるという人がいるという時点で興味深いトピックにはなると思います。

 

なお、ここで書くことは完全に僕の頭の中身のことですので、他のバイリンガルの方の頭の中身はまた少し違うのかな、と思います。バイリンガルにも色々なタイプがいるので、何とも言えないのが正直なところですが、今回はひとまず僕に関してになりますのであらかじめご了承ください。

 

考え事は何語でしているか

前述した通り、バイリンガルと一言で言っても色々なバイリンガルがいるのですが、僕の場合、日本語が第一言語ですので、基本的に1人でいる時は考え事は日本語です。何か頭の中で思考を巡らせるとき、特別なことをしない限り日本語です。

 

しかし、ちょっとでも英語で誰かと話をした後はそこからしばらく英語モードが続き、考え事も英語になります。これはほぼ自然になります。僕はほぼ毎日英語を話しますし、一日で言うと半々、もしくは英語を使うほうが多い日もあります。

 

一旦誰かと英語で話して頭が英語モードになった時に、日本語で考え事をしようと思えばできるのですが、そのまま自然の流れで英語で考え事をしていたほうが楽なのです。わざわざ日本語モードに切り替えること自体が不自然なことだからです。ですが、わざわざ日本語モードに切り替えたからといってうまく日本語で考えられないということは起きないです。

 

英語モードになって英語で考え事をする脳になっても、しばらく誰とも話さなければ勝手に日本語で考えるようになっています。考え事のデフォルト言語は僕の場合いつも日本語です。

 

ちなみに僕の場合、日本語で考えている時に英語が混じってくることもないですし、英語で考えている時に日本語が混じってくることもないです。考え事については基本的にどっちか1言語のみです。

 

また、なぜか英語で考える時のほうがロジカルに考えることができるので、物事を順序立てて考えたい時はあえて英語で考え、日本語のほうが感情的に考えられるので、自分を奮い立たせる時には日本語で考え事をします。これは、「英語/日本語に切り替えるぞ」と一回思ってから切り替えるイメージです。

 

メモは何語でしているか

僕は普段、やることを忘れないようにToDoリストを作ったりメモ書きをよくしますが、僕のそういったメモ書き程度のものは9割以上英語で書いています。

 

なぜ英語でメモ書きをするかというと、前述した通り、物事を順序立てて考えたいときは英語で考える、というクセがついています。ToDoリストを作るような時は特に、「どういう順番で仕事を進めていくのが一番効率がいいか」というのを一応頭で考えながら作るので英語で考えています。

 

英語で考えている時は基本的にメモ書きも英語で書きます。そのほうがその時の僕の気分にとって自然だからです。英語で考えながら日本語でメモを書くのは翻訳しているのと同じような気がしてどうしても自然に感じられないのです。

 

日本語も同じです。このようなブログを書いている時や、自分を奮い立たせるような目標などを書き出す時は完全に日本語モードです。これを書いている今、頭の中に一切の英語が思い浮かびません。日本語で考えて日本語で書く、というごく自然なことをやっています。

 

僕は翻訳が得意ではないので、もしこのブログを英語で考えながら日本語で書いていく作業をしたら物凄い時間がかかるでしょうし、試したことはありませんがそれができるのかできないのかもわからないのが正直なところです。

 

僕が心がけているのは、常に自分にとって自然体でいれるほうの言語を状況に合わせて自然と使い分けられるバイリンガルであることですので、無理くり別の言語で考える、というのはトレーニング以外ではやらないです。メモ書きも全く同じことです。

 

ちなみに僕は英語を書くときは筆記体なのですごく楽です。そして昔書道を習っていたので漢字は繋げ字なので見た目は超プロフェッショナルな感じですが、英単語のスペルも漢字もそこまで得意ではないので最近は手書きではなくスマホに頼ってしまっているのが現状です。

 
 

日本語と英語で話すときの違い

僕は日本生まれ日本育ちです。どっぷりと日本の教育を受けるはずだったのですがきちんと勉強しなかったのであまり日本教育の影響はそこまで受けていないのですが、やはり日本のカルチャーの中で育ったので、身も心も超日本人です。

 

日本語で話す時は当たり前ですが友人以外にはちゃんと敬語になりますし、敬語のほうが楽だと思ってます。敬語という存在が日本というきちっとした国を保っているのだとも思っています。僕の敬語が完璧かと聞かれると、「コールセンターで働いていたレベル」としか言えませんが、謙譲語、尊敬語などもわかっているつもりではいます。

 

よく、海外で育ったり、インターナショナルスクールに行ってたり、留学に行ってたりすると、日本人同士での会話は基本ため口だったり、「イエェーイ!!」なんていう感じのノリの方が多いと思いますし、周りにもそういう人たちは何人もいますが、僕は一貫して日本人同士では友人以外、敬語です。笑

 

実は10年くらい前に、ロンドンでニートのような生活をしてみたことがあるんです。で、そこで何人もの日本人に会ったんですが、彼らは皆ため口で話してました。年齢とか関係ありません。日本から出ただけでこんなに変わるのか、というくらい僕は仰天しました。ちなみに僕はロンドンで会ったそういった日本人の方たちと話すときも変わらず敬語でした。

 

一方で、英語を話す時ですが、少なくとも僕の生活の範囲内では目上の人、という人もいませんし、英語そのもの自体に敬語という感覚はあまりないように思えるので、日本語的な感覚で言えば英語を話しているときはほぼため口です。たまに、「あれ、こんな年上の人にため口使っていいのか?」なんて思ったりしますが、そんな時にやっぱり自分は日本人なんだなぁ、って実感します。

 

ややこしいのが日本人のバイリンガルの人たちと話す時です。基本的に日本人のバイリンガルの人たちと話すときは英語がベースになるのですが、なんの安心感からかわかりませんがどうしても日本語が混ざってきてしまいます。そして僕の場合、この混ざった日本語は基本的に敬語です。なぜなら敬語で話す日本語のほうが僕には心地よいからです。

 

日本人のバイリンガルの人でも数人は日本語で話しています。英語で話したことのないバイリンガルの方です。理由は特になく、自然な流れでそうなったという感じです。ちなみに僕の場合、日本語で話すときはあまり英語は混じってきません。本当に根っこは日本人なので。

 

日本語と英語で性格は変わる?

興味深い記事を見つけたのでご紹介します。「社会言語学において「バイリンガル」は「多重人格」であることが判明」

 

とある実験で、バイリンガルの人に日本語と英語で同じ質問をしたところ、日本語の時と英語の時で答えが違ったりすることもあるのだとか。僕はこの実験の対象者になったことがないのでどういう回答をするかわかりませんが、日本語の時と英語の時で回答が違う可能性はあるかもしれません。

 

多重人格とまではいきませんが、僕自身、日本語を話している時と英語を話している時で少し性格は違うのかな、と思います。本音・建前の文化で育ってきた僕には日本語で誰にでも本音で話すというのはかなり難しいですが、英語で話すときのほうが本音で言いたいことをストレートに言えている感覚はあります。

 

日本語を話している時は日本人としての最低限の礼儀は保てている気がするし、敬語のおかげで丁寧な対応はそれなりに出来ていると自負しています。だからといって英語を話しているときに感覚が外国人になることはありません。英語を話している時でもずっと日本人の感覚です。

 

僕は海外で育ってないので、日本人が日本人のまま英語を話しているような感覚です。ウェスタナイズドされた自分自身を一度も見たことはありません。もしあるとしたら酔っている時です。でもそれはただバイリンガルが酔っ払っただけです。

僕が英語を話している時の特徴としては、「声が大きくなる」、「身振りが多くなる」、「意見を日本語よりはストレートに言う」というところだと思います。すごく性格が変わるとかそういった部分は自分からは感じないのが正直なところです。

 

まとめ

では今回のまとめを見ていきましょう!

 

バイリンガルBobの頭の中身は
・基本的にデフォルトでは日本語で考える
・メモなどは基本的に英語で書く
・日本語でも英語でも基本的に感覚は日本人

 

いかがでしたでしょうか。実は僕、恥ずかしながらうまく日本社会に溶け込めない時期がありました。なぜか英語にはまり、英語がかなり話せるようになったのはいいのですが、一時期遊ぶ友達も外国人ばかりで仕事も英語ばかりで、という生活が続いたときに、「一体自分は何者なんだ?」と自問自答したことがありました。アイデンティティークライシスまではいきませんが、よくわからない時期がありました。

 

 

でも今は「2言語話せるから少し得してるし、英語を教えたりこうやって英語に関するブログもかける!」ととてもポジティブに捉えられるようになりました。

 

この記事が何かの役に立つかはわかりませんが、読んでいただきありがとうございました!

2か月前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。